平成25年に策定された菩提寺まちづくり協議会事業5ヶ年プラン「菩提寺地域まちづくり計画」を見直し、平成29年度・30年度は「菩提寺コミュニティプラン」として湖南市の「きらめき・ときめき・元気創生総合戦略」とのすり合わせを行い、自治会単独より学区全体で行ったほうがより効果の期待できる事業、地域が連携したまちづくり活動へと転換します。

   

H26年度~H30年度 既存5ヶ年計画

見直しコミュニティプラン 29年度・30年度

 

目的

目標

事業内容

目標

事業内容

福祉・安全委員会 安心して暮らせるまちづくり 学区全体の防災体制の確立 避難所の運営方針が完成している 菩提寺地域防災事業 防災マニュアル作成
防災訓練  
講演会の実施 防災研修会の実施
治安と秩序の良いまちへの改革 防犯ボランティア年間20名5年後100名 認知症になっても安心して暮らせるまちづくり 認知症勉強会の実施
青パトロールの実施 認知症高齢者の発見保護訓練の実施
講演会の開催 認知症講演会の開催
コミセンが地域情報の発信の場にする 防犯防災本部の設置    
施設、用具の充実を図る    
全住民が自主・自律し、闊達に活動するまちづくり 高齢者が生き生きと活躍できる場づくり 高齢者いきいきサロン 子育て事業 子供食育教室の開催
現役世代が核となって活動するまちづくり 現役いきいきサロン すくすく広場の開催
     
コミセンを地域情報の発信の場にする プログ活用  
文化芸術委員会 自然と文化歴史を生かしたまちづくり 自然を大切にし、触れ合うまちづくり ①歴史の小径の整備維持管理(入口から磨崖五輪塔まで) 自然を大切にし、触れ合うまちづくり 菩提寺山の歴史の小径・霜降りの瀧等の散策路の整備
②歴史の小径・入口から閻魔像までの道路補修 菩提寺公園の維持管理支援
③歴史の小径エリアに散在する切り倒した廃木の撤去  
④歴史の小径のエリア全体の散策路の整備(山頂までの散策路も整備していく) (散策路の維持管理、案内板の取付、草刈、植栽)  
コミセンを地域情報の発信の場にする ①27年度からの供用開始に備え、「菩提寺歴史文化資料室」の年度内整備を完了する。27年以降は展示品の保全管理。展示品の模様替えと「企画展」の開催 まちセンを地域情報の発信の場にする 歴史文化資料室の維持管理及び新企画
②「菩提寺歴史文化資料室」のコンセプトの統一と運営管理規定の整備    「菩提寺歴史文化資料室運営協議会」を定期的に開催し、事業目的の達成を図る。スタートイベント「基調講演会」の実施。見学者の受け入れ体制準備 まちづくりフォーラムの開催
③歴史散策マップの制作(内容改訂) 展示室内電飾案内板及び映像と音声ガイダンスの制作。  
文化歴史を未来につなぐまちづくり ①菩提寺の歴史についての講座を開く  「菩提寺の子ども」とのコラボレーション 文化歴史を未来につなぐまちづくり ①菩提寺の歴史についての講座を開く  「菩提寺の子ども」とのコラボレーション
②「菩提寺地域の魅力探し」地域の発展状況を記録し残す        テーマを決め、継続的に取り組む(DVDで残す) ②「菩提寺地域の魅力探し」地域の発展状況を記録し残す        テーマを決め、継続的に取り組む(DVDで残す)
地域活性化委員会 地域に、コミュニティビジネスを起業 地産地消の推進 ヒラタケ・椎茸の生産販売 地産地消の推進 シイタケの育成と販売
  ヒラタケの原木作成と販売
  各区・自治会単位でたけのこ堀の実施、たけのこ販売
  カブト虫の育成と販売
「菩提寺ふれあいファーム」タケノコ販売 竹材の加工品の作成
自然を大切にし、触れ合うまちづくり BB大作戦 竹林施設・散策路の完成 自然を大切にし、触れ合うまちづくり 竹林のイメージアップを図る
施設・竹林の維持・管理 施設・竹林の維持・管理
コミセンを地域情報の発信の場にする エコ環境事業の発信 生ごみリサイクル・フリーマーケット・ゴーヤカーテン まちセンを地域情報の発信の場にする  
   
   
子ども育成委員会 心豊かな子供を育むまちづくり     子供たちの健全な成長を育むまちづくり 愛のひと声あいさつ運動の実施
夏休み夜間巡回の実施
すくすく広場の開催
土曜日事業支援